(1)
京都市右京区

龍安寺御陵下町13

(画像は境内地図以外
すべてクリックすれば大きくなります)

山門(拝観入り口大人500円)
2005年7月9日(土)小雨

京室町時代の武将、細川勝元が徳大寺家の別荘を譲り受けて寺地とし、
妙心寺の義天玄承を開山として創建されたものであり、臨済宗妙心寺派に属し、
大雲山と号した禅苑の名刹臨済宗の寺。

 現在の方丈は、応仁の乱で焼失して、長享2年(1488)勝元の子政元が再興したが、
寛政9年(1797)火災で方丈・仏殿・開山堂を焼失したため西、源院の本堂を移築したもの。