古くより、霊峰二荒山(ふたらさん・男体山)⇒
標高2,486bを神の鎮まり給う御山として尊崇したことから、
御山を御神体山と仰ぐ神社で、日光の氏神様でもあります。

境内は、日光国立公園の中枢をなす、日光連山をはじめとて、
御神域は、3,400fにおよぶ広大な境内地です。

2005年8月1日(月曜)曇

 

所在地:栃木県日光市山内
(画像はすべてクリックすれば大きくなります)

 

縁結びの御神木

親子杉 夫婦杉
日光には四十八滝といわれるくらい滝が多いところであるが、最も有名なのがこの華厳ノ滝である。
高さ97メートルをほぼ一気に落下する豪快さと、自然が作り出す華麗な造形美の両方をあわせ持つ。
和歌山県の那智ノ滝-なちのたき-、茨城県の袋田ノ滝-ふくろだのたき-とともに
日本の三大名瀑-めいばく-」とも呼ばれる。
名称は涅槃ノ滝-ねはんのたき-、般若ノ滝-はんにゃのたき-などと一緒に仏典の
「釈迦-しゃか-の五時教-ごじきょう-」から名づけられたらしい。

日光いろは坂・華厳の滝(クリックして下さい拡大します。)