所在地:京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8
(画像はすべてクリックすれば大きくなります)

(1)
2005年10月1日(土曜)晴れ

京都駅から栂ノ尾まで約45分(バス代金¥500)

JR京都駅前JRバス停乗り場

@ 栂ノ尾バス停周辺

高山寺は栂尾山と号し、宝亀5年(774年)光仁天皇の勅願によって開創されました。
鎌倉時代の建永元年(1206年)明恵上人が、中興開山されましたが境内の石水院(国宝)は同上人が後鳥羽院より学問所として賜ったものです。
一時は神護寺の別院で、当時の諸堂は兵火に消えましたが、石水院のみが残り、鎌倉時代初期の寝殿造りの優雅な趣を残しています
E

L 寺 標 L 表参道入り口
L 表参道始まり M 白雲橋と清滝川(R162号沿い)
A 裏参道
(バス停からは、こちら便利)
B
F 文庫
C 世界文化遺産指定

D石水院(国宝)−鎌倉時代の建築。入母屋造、柿(こけら)葺き。
後鳥羽上皇の学問所を下賜されたものと伝え、明恵の住房跡とも伝える。
外観は住宅風だが、本来は経蔵として造られた建物を改造したものと見られる。

表門:拝観料¥600

表門を入ってすぐ正面 左の門を拡大  拝観はここから

5 このケースに小型の鳥獣戯画の絵巻
(右手の部屋に大きめのがありましたが、
いづれも模写ということですが、素人には分かりませんでした。
本物は美術館とか)
6 仏像
(この左側がになっている。) 

 石水院の庭園