(1)
悠仁親王様お印「高野槇」

画像は,すべてクリックすれば大きくなります

平成18年10月8日( 日)晴
拝観¥500/境内自由
所在地:
和歌山県伊都郡高野山町高野山
金剛峯寺の名称は弘法大師が、金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祗経の深意を象徴するものとして命名されたもので高野山一山の総称であった。
この寺は文禄二年(一五九三)豊臣秀吉が亡母の菩提のために建立、更に文久三年(一八六三)再建されたのが現在の建物である。
 明治二年金剛峯寺と改称されるまで青巖寺と呼ばれていた。
大主殿(東西54米・南北63米=和歌山県重要文化財)のほか、
別殿・新別殿・奥殿・新書院・茶室・阿字観道場・経蔵・鐘楼・後庭に伝燈国師廟・護摩堂等が並び輪奐の美をなしている。
 現在の金剛峯寺は一つの独立した形をなし座主の住寺であるが、高野山全体を総轄する伝統はそのままここに残され、
又、高野山真言宗の総本山として一切の宗務を司どる宗務所があって全国及び海外の末寺四千ヵ寺の行政を統べ、壱千万大師信徒の信仰の中心となっている。
 (金剛峯寺のパンフレットより)