奈良市佐紀町  

(画像はすべてクリックすれば大きくなります)

2005年6月30日(木曜)晴

朱雀門(すざくもん)(1998年2月4日竣工)
平城宮の正門で間口約25m、奥行約10m、高さは基壇ともで約22m。
二層の瓦屋根をもつ堂々たる門です。古代の手法をふまえ長い歳月を費やして復元されたそうです。
柱は丹色、連子(れんじ)は緑青、そして白壁、きらびやかで豪快な天平文化の再現。
門の両側にはごく一部であるが大垣も築かれている。
諸外国の使節は4kmに及ぶ朱雀大路を経て、この雄大な門をくぐった。

平城宮は710年から784年までの奈良時代の都です。
広さは120万平方メートル余、奈良県の県都である奈良市の
ほぼ中央に位置しているにも関わらず、
広々とした野原として保たれていました。

跡地の真ん中を近鉄が こういう案内が目に付きました。 近鉄大和西大寺駅前 単に目に付いただけ

現在、広大な草原状に見えているのが宮跡。第一次、第二次の内裏(だいり・天皇の住居にあたる)
跡、大極殿跡、朝堂院(公的儀式を行う場所)跡、官庁街跡、東院跡などのブロックが、それと分かるよう工夫、整備されている。
内裏跡は円筒状に刈ったツゲの木で柱跡を示し、近くに宮内省の建物が復元され、大極殿跡は土壇が築かれている、といった具合。

復元施設・内裏井戸

復元建物・宮内省
 
遺構展示館