拝観自由(画像は,すべてクリックすれば大きくなります)

所在地:和歌山県新宮市新宮1
平成18年6
月28日(水)曇
熊野速玉大社の御由緒 国指定天然記念物「梛の木」 社務所・礼殿 神宝館
手水社 神 門
創建年代は不詳である。                          
熊野速玉大神は伊邪那岐神とされ、熊野夫須美大神は伊邪那美神とされるが、
もともとは近隣の神倉山の磐座に祀られていた神で、いつ頃からか現在地に祀られるようになったといわれる。
神倉山にあった元宮に対して現在の社殿を新宮とも呼ぶ。

1883年(明治16)に打ち上げ花火により社殿が全焼したが、1967年(昭和42)に再建された。
2004年7月1日,「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された。

上三殿の屋根

拝 殿

鈴 門