大灯篭(浅間大社の駐車場の入口の両側にある大灯篭です。) 一の鳥居(一の鳥居は駐車場の中ほどにあります。)

二の鳥居 楼門 鉾立石

本殿

本殿正面

拝観自由(画像は,すべてクリックすれば大きくなります)

人皇第七代孝霊天皇の御代、富士山が噴火し、人民が離散し国内が荒れ果てたので、第11代垂仁天皇の御代に至り、
富士の神霊を山足(山麓)の地に鎮座した。
第12代景行天皇の皇子日本武尊が東征お際、浅間大神の神助を畏み、山宮の地(現社地の北方6キロ)に篤く大神を祭られた。
その後、平城天皇の大同元(806)年坂上田村麿が勅命により神霊を山宮より大宮(現社地)に遷し奉った。
以来実に1千百余年、全国1千3百余社に及ぶ浅間神社の総本宮として、全国的に篤い崇敬をあつめている東海最古の名社である。
古来朝廷の尊崇極めて篤く、延喜の制では名神大社に列し、駿河国の一宮として崇められた。
武家時代に入ってからは源頼朝をはじめ、北条義時、武田信玄、同勝頼、等の各武将は、それぞれ神領や神宝を献納して篤く崇敬した。
特に徳川家康は天下を平定した、奉賽のため、慶長9(1604)年に本殿以下の諸社殿を奉建し、更に富士山8合目以上を社地として寄進した。
本殿は2層の楼閣をなし、浅間造りと称し重要文化財に指定されている。
(看板資料より)

所在地:静岡県富士宮市宮町1-1
平成18年7月25日(火曜)曇
手水社 本殿正面 社務所